読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康によいビタミンの本

ハート出版の健康書籍ふるさと文庫の中から、ビタミンに関するものを集めました。

リコピンの発ガン抑制効果

リコピン単独でも有効 リコピンに注目した私たちの研究グループは、今度はリコピンのみを使って、肝臓ガンに関する実験を試みました。 結果は左頁の表の通りで、肝臓ガンに対する阻害率は四三%でした。すなわちリコピン単独でも、肝ガンへの抑制効果のある…

α‐カロチンの発ガン抑制効果

β‐カロチンを凌ぐ発ガン抑制作用 α‐カロチンはこれまであまり注目されてきませんでしたが、マウスによる実験では、β‐カロチンをはるかに凌ぐ発ガン抑制作用のあることがわかりました。 肺の発ガン物質を与えたマウスにα‐カロチンとβ‐カロチンを投与したとこ…

改めて脚光を浴びることになった理由

広がるカロチノイドの研究対象 β‐カロチンのみに研究対象が絞られていた観のあるカロチノイドでしたが、やがて、それ以外のものにも、研究者の関心が向けられていくことになります。 その結果、それぞれのカロチノイドに独自の効果、効用のあることが明らか…

動脈硬化、骨粗鬆症などの予防と改善

脳梗塞などを引き起こす動脈硬化日本人の死因の上位を占める、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患や、脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患の原因となるのが、動脈硬化です。血管壁へのLDL(悪玉)コレステロールの沈着などのために、動脈の厚みが増して硬化…

腎臓の機能低下を防ぐ

糸球体の毛細血管が硬化腎臓の大切な役目の一つは、体内の老廃物を体外へ排出することです。まず不要となった老廃物は、血液により腎臓まで運ばれます。その内部にはネフロンと呼ばれる組織が無数に存在し、その一部である毛細血管のかたまりのような糸球体…

アルツハイマー病などに有効

発症の早い神経障害末梢神経や自律神経などに障害が起こる糖尿病性神経障害は、ほかの合併症よりも早い時期にその症状が現われてきます。末梢神経については、手足のしびれ、感覚の鈍化などがみられ、小さな傷の痛みに気づかずそれを放置し、壊疽になり足を…

包接化で生体利用能が向上

生体利用能が低い脂溶性物質コエンザイムQ10、クルクミン、アスタキサンチン、トコトリエノールなどの脂溶性物質は生体利用能が低いという弱点があります。難水溶性で消化管からの吸収性が悪く、血液中に十分に到達できないので、必要とする組織などに運ば…

糖代謝に関わるα―リポ酸

ミトコンドリア中に存在 「チオクト酸」とも呼ばれるα―リポ酸( ―lipoic acid)は、私たちの体を構成する各細胞内のミトコンドリアという小器官の中に存在する物質です。 細胞内では、糖質、脂質、タンパク質などの栄養素を利用して「解糖系」「TCA回路(ク…

肥満が引き起こすさまざまな症状

肥満がもたらす疾病いまやアメリカではα―リポ酸のサプリメントが一大ブームになっています。その理由は先に見たような数々の効能があるからですが、それだけでなく、ダイエットの補助食品としても持てはやされています。肥満の体型というのは、外見や美容面…

糖尿病とはどんな病気か

血糖値の上昇血糖とは、血液中のブドウ糖のことです。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、血糖値を一定範囲内に保つ働きをしています。食事から摂った糖は腸壁から吸収され、血液中に溶け込みます。このとき一時的に血糖値が上昇します。すると、イ…

ストレスが活性酸素を生み出す

α―リポ酸で活性酸素から身を守る活性酸素を発生させながら生活している私たちの体には、もともとその害から身を守るための防御システムが備わっています。それは、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)をはじめとする抗酸化酵素を合成する能力ですが、…

α―リポ酸の可能性

ビタミンCを凌ぐ抗酸化力抗酸化物質として一躍注目されるようになったα―リポ酸ですが、その抗酸化力は強力で、ビタミンCやビタミンEの数百倍とも言われています。これはあくまで実験における数値ですが、人の体内においても、少なく見積もっても、その十…

体の代謝に欠かせない物質

ミトコンドリアは車のエンジン私たちの体は約60兆個もの細胞から成り立っています。その一つひとつが栄養素と酸素を取り込んで細胞を維持し、また筋肉や骨などの新しい細胞を作り出しています。体に取り込まれた栄養素は酸素と反応し、血や肉となるわけです…

シミ、シワを防ぐ最高の特効食品

一重項酸素をすみやかに消去 加齢にともなう肌のダメージのうち、9割以上は太陽の紫外線が原因といわれています。紫外線をむやみに浴びると、皮膚の中に多量の活性酸素が発生し、シワやシミ、たるみの原因になるのです。 活性酸素にはいくつか種類がありま…

糖尿病の予防と改善に

糖尿病とはどういう病気か アスタキサンチンは、糖尿病の食事療法にもおすすめの食品です。 糖尿病は、血液中に糖が必要以上に増えてしまう状態をいいます。 通常、食事でとった糖は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きで、随時、全身の細胞…

末梢性と中枢性の疲労を抑える

体脂肪が燃えやすくなる では、アスタキサンチンはどのようなしくみで効果を発揮するのか、みていくことにしましょう。 運動によって起こる疲労は、2つに分けることができます。 1つは、筋肉が疲労して収縮が困難になる「末梢性の疲労」です。末梢性の疲労…

ビタミンEを上回る抗酸化パワー

肝臓でつくられる抗酸化酵素 からだにはもともと、活性酸素を消し去る仕組みが備わっています。肝臓で作られるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなどの抗酸化酵素がそうです。 ただし、年をとると抗酸化…

効果の秘密は「抗酸化作用」

活性酸素の恐ろしさ アスタキサンチンの健康効果は、おもに「抗酸化作用」に由来します。抗酸化作用とは、活性酸素をすみやかに消し去る働きのことです。 活性酸素は、とてもやっかいな酸素で、本来はからだの中に細菌やウイルスなどの敵が侵入したとき、そ…

こんな症状にもアスタキサンチン

【かぜ、感染症】 免疫力は、体の内部に生じた異物(がん細胞)だけでなく、体外から侵入した異物(細菌・ウイルス)の排除にも欠かせないしくみです。 したがって、免疫力を高めるアスタキサンチンの作用は、ウイルス性のかぜや、各種感染症の予防と改善に…

血管が若返り、生活習慣病を一掃

生活習慣病も活性酸素が元凶 アスタキサンチンは、各種の生活習慣病の予防にも大きな効果を発揮します。そうした効果を生み出す背景にも、やはり強力な抗酸化作用があります。 生活習慣病の多くは、血管の老化、すなわち動脈硬化の進行と連動して発生し、悪…

素肌のみずみずしさを保つ効果も

肌に塗布した場合の効果 アスタキサンチンの保水効果については、FCG総合研究所による、人を対象にした研究で成果がみられています。 それによると、11名の女性に、アスタキサンチンを配合したクリームを肌に毎日塗布してもらい、3週間後の肌の水分量を…

脳卒中の予防にも効果的

脳梗塞と脳出血の両方の予防に 脳のなかで効果を発揮するアスタキサンチンは、脳卒中や、それに基づく認知症の予防にも有効です。 脳卒中は、脳の血管に血栓ができて起こる脳梗塞と、血管がやぶれて起こる脳出血に大別できますが、いずれの場合も、やはり活…

サケに豊富な海のカロテノイド

エビ・カニ・サケの赤色成分 アスタキサンチンは、赤橙色をしたカロテノイドの仲間です。しかし、同じカロテノイドに属するベータカロテンやリコペンなどと大きく異なるのは、海由来のカロテノイドである点です。 アスタキサンチンは、ヘマトコッカスと呼ば…

アスタキサンチンを添加した食品

ドリンク剤、タマゴなど続々登場 ところで、いくら赤い魚が健康増進に役立つといっても、よほど魚が好きな人でないと、毎日魚を食べ続けるのはなかなか難しいのも事実です。 特に、これまで肉中心の食生活を送ってきた人や、魚が苦手でどうしても食べられな…

心筋梗塞や脳卒中の予防に最適

心筋梗塞のリスクが大幅に低減 日本人の死亡原因の第2位と第3位を占める心臓病と脳の血管障害は、どちらも動脈硬化が重大な引き金となって発生します。 すなわち、動脈硬化が進んで心臓を養う冠動脈が詰まると狭心症や心筋梗塞が発生するし、脳の血管が詰…

免疫力の正常化にも役立つ

免疫軍団の見事な連携プレー 私たちの身の回りには、有害な細菌やウイルスがたくさん存在しています。それでも多くの場合、感染せずにすんでいるのは免疫力のたまものです。 免疫とは、生まれながら体にそなわっている病気に対する抵抗力のことをいいます。 …

動脈硬化を抑え、血行をよくする

LDLの酸化を強力に阻止する アスタキサンチンの強い抗酸化作用は血管を若く保つうえで大変有効です。 人は血管とともに老いる――といわれるように、血管の老化(動脈硬化)が進むと血行が悪くなって、さまざまな病気が発生しやすくなります。 動脈硬化を促…

ビタミンEも驚く抗酸化力

食品成分のなかで群を抜いたパワー 活性酸素という悪玉酸素が体の中に増えると、あらゆる病気の引き金になることは、第一章で詳しく説明しました。 この悪玉酸素から心身を守るには、毎日の食生活の中で、活性酸素をすみやかに消去する力のある成分、すなわ…

安全性でも優れた包接CoQ10

副作用の心配がないCoQ10 いくら健康や美容などに効果があるとしても、副作用を伴うようなものでは安心して利用することはできません。 その点、CoQ10は現在まで深刻な副作用の報告は一切なく、たとえ多めに摂取した場合でも、まれに吐き気や胃の不快…

包接化により必要摂取量を減らせる

サプリメントでの摂取が不可欠 CoQ10は多くの動植物の細胞に存在することから、さまざまな食材を通しての摂取が可能です。とはいえ、いずれの食材もその含有量は少なく、特別にCoQ10を大量に摂取できるといった食材は見当たりません。 その中でも、比…

包接CoQ10なら作用が向上する

エネルギー産生を高める 吸収性の改善により、包接CoQ10ではエネルギー産生作用が向上することが、たとえば次のような試験でも確かめられています。 健康な男女32人を16人ずつの2グループに分け、一方には?CoQ10原末100mgを、もう一方には?包…

γ―CDによる包接化で弱点を克服

吸収性が向上する 体内における包接CoQ10の吸収性が向上することは、健康な成人男女24人を12人ずつの2グループに分けた、クロス試験でも確かめられています。 一方には?包接CoQ10(CoQ10を30mg含有)を、もう一方には?CoQ10+セルロース…

コエンザイムQ10の弱点とγ―CD

CoQ10の三つの弱点 CoQ10を補給することは、健康維持や老化防止などの面でたいへん役立ちます。しかし、従来のCoQ10のサプリメントには、吸収性が低い、光、熱、酸素などに対する安定性が低い、ペプチド類、アミノ酸類や脂肪酸などとの配合変化を起…

Q・コエンザイムQ の補給源には、どのようなものがある?

コエンザイムQ10は、微生物から植物、動物にいたるまで、地球上のあらゆる生物に含まれています。 ですから、肉や魚をはじめ、野菜、くだもの、大豆製品など、私たちが普段、口にしている食品から、普遍的に補給できますが、食品によって含有量に大きな差…

そのほかこんな症状にもぜひ

動脈硬化――LDLの酸化抑制 人は血管とともに老いる、といわれるように、動脈硬化が進むとさまざまな病気が発生しやすくなります。 最終的には心筋梗塞や脳卒中で死亡する危険性も高まることから、寿命にも影響してきます。 この動脈硬化を進める最大の元凶…

がんの予防と克服の大きな一助に

発がんを二つの側面から防ぐ がんというのは、ふつうの細胞が突然変異したものです。 細胞が突然変異を起こす要因はいろいろ考えられますが、いま、とくに危険視されているのが、活性酸素による細胞障害です。 なんらかの理由で活性酸素がからだのなかに多量…

生きるためのエネルギー生産に必須

細胞一つ一つがエネルギーをつくる コエンザイムQ10が、さまざまな病気に効果を発揮する背景には、三つの働きが大きく関与しています。 まず一つは、生体のエネルギーを生み出す作用です。 私たちの生命活動は、全身を構成している約60兆個の細胞の働き…

現代には不足しがちな人が多い

年をとるごとに体内の量は減る コエンザイムQ10は、私たちのからだを形づくっている細胞一つ一つに含まれています。 健康な成人の体内には、およそ700mgのコエンザイムQ10が存在するといわれていますが、とりわけ心臓や肝臓、腎臓など、働きが活発…

トマトにもいろんな種類がある

赤系トマトの代表はサンマルツァーノ 世界中で食され、多くの人たちの健康や美容に貢献しているトマトですが、色、形、大きさなどの違いによりたくさんの種類が存在します。 現在、世界中で年間、約9千万トンが生産されていることはすでに述べましたが、そ…

トマトを食べるとガンになりにくい

イタリアでは消化器系ガンが少ない 地中海式食事(14頁参照)で注目されたトマトの健康効果については、世界各国で大規模な疫学調査が行なわれてきました。 その結果、トマトおよびトマト加工品(ケチャップ、ピューレ、ジュースなど)の摂取量と各種のガン…

皮膚のトラブルも防ぐ

日焼けは皮膚に良くない 小麦色の肌というと健康そうなイメージがありますが、実際には健康とは何ら関係がありません。むしろ、日焼けによる害のほうが多いくらいでしょう。 というのも、太陽光線中の紫外線に当たることにより日焼けは起きますが、その時、…

活性酸素を撃退する

遺伝子が傷つき発ガン 私たち日本人の死因のトップは、依然としてガン疾患となっています。そこで、ガンによる死亡者を減らそうと、「早期発見、早期治療」が提唱されているわけですが、言うまでもなく、最善なのはガンにならないことです。 ガンの発生の引…

トマトは緑黄色野菜の人気者

野菜不足の日本人 私たちの健康にとって毎日の食事はたいへん重要なものといえます。日々の食生活の積み重ねが、結果として健康状態にいろいろな影響として現れてくるからです。 日本人の食生活が欧米型の肉類を中心にしたものへと近づきつつあると指摘され…

抗酸化活性が強まる

NOの産生をより抑制 CD包接化による安定性や吸収性の向上は、T3の抗酸化作用を強化するという、静岡県立大学などのグループが行なった研究もあります。 この研究では、まずγ―T3を主成分とするビタミンEサンプル(γ―T365%)を用い、マウスマク…

安定性が向上する

熱安定性の向上 T3には機能性に富むその一方で、安定性の低さという問題も存在します。そこで、T3高含有オイル〈規格値総TP・T3量82.6%、総T3量41.4%〉の各CD包接体を作製し、幾つかの安定性評価試験を行なってみました。 まず、γCD…

ガンの発生・増殖を抑制する

血管新生をより阻害するδ―T3 ガン細胞は栄養や酸素を得て大きくなるために、新しい血管をつくり出します。ガンの化学療法の一つである抗血管新生療法とは、いわば〝兵糧攻め〟のようなもので、新しい血管の形成を阻害して栄養や酸素の供給を阻止し、ガン細…

中性脂肪・コレステロールを減らす

動脈硬化を引き起こす高脂血症 高脂血症は、中高年世代に多く見られる疾患の一つです。血中の中性脂肪(トリグリセリド)値、コレステロール(LDLコレステロール)値が正常値より高い状態にあります。偏った食生活を中心とする、日常の生活習慣が、この疾…

酸化的障害を低減する

諸病を誘発する酸化的障害 フリーラジカルや活性酸素による酸化的障害は、皮膚や脳の老化・疾患だけでなく、ガン、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、白内障やその他、実に多くの病気を誘発します。 フリーラジカルや活性酸素の発生原因は、体内でのエネルギー産…

歳とともに弱まる抗酸化力

人間の寿命は100歳以上? 人間の寿命は、果たしてどれくらいなのでしょうか。 研究者の中には100年以上との説を唱える人もいますが、実際には疾病や老化などにより、100歳を迎えることなく、ほとんどの人が死を迎えてしまうというのが現実です。 遺…

血管硬化や血小板の凝集を防ぐ

動脈硬化を予防する トコトリエノールには強力な抗酸化作用があるため、先に述べたようなストレス性の病気には大きな効果を発揮します。 たとえば、その代表ともいえる動脈硬化に対しても、十分な予防効果が期待できるのです。 そもそも動脈硬化とは、血液中…