読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康によいビタミンの本

ハート出版の健康書籍ふるさと文庫の中から、ビタミンに関するものを集めました。

素肌のみずみずしさを保つ効果も

肌に塗布した場合の効果
アスタキサンチンの保水効果については、FCG総合研究所による、人を対象にした研究で成果がみられています。
それによると、11名の女性に、アスタキサンチンを配合したクリームを肌に毎日塗布してもらい、3週間後の肌の水分量を調べたところ、8名の女性の肌で、水分値の上昇が確認できたと報告されています。
なかには目の下のクマが消え、肌に張りがでてきたと喜ぶケースもあったといいます。

アスタキサンチンを摂取した場合
一方、アスタキサンチンを口から摂取した場合の保水効果についても同研究所のデータがでています。
乾燥肌で悩んでいる人たちを対象に、アスタキサンチンを1日2mgずつ飲んでもらい、目の周りと頬の部分の、2週間後および4週間後の肌の水分値を測定しました。
ちなみに、この研究が実施されたのは、普通肌の人でも肌が乾燥しやすい冬の時期でした。そのため、アスタキサンチンを摂取していなかった対照群の人たちは、目の周りの水分値にほとんど変化がないばかりか、4週間後の頬の部分は乾燥がより進んでいました(上段の図)。
これに対して、アスタキサンチンを摂取していた群では、日を追うごとに目の周りおよび頬のいずれの肌の水分値も上昇したのです(図)。
また、肌の皮脂量についても、アスタキサンチンをとっていると、その減少が抑えられることが、同実験で確認されています。


アスタキサンチン摂取による目の周りと頬の水分値の変化

活性酸素の害に対抗する海からの贈り物
「美肌、目と脳を守るアスタキサンチン」のさらに詳しいページを見る